NEWSニュース

ABOUTこのプログラムの概要

東京工業大学の特別専門学修プログラムである「チーム志向越境型アントレプレナー育成プログラム」は、文部科学省EDGEプログラムの一環として2014年に発足しました。英語名Cross Border Entrepernerur Cultivatingの頭文字を取って CBEC(シーベック)と呼ばれています。起業家教育の拠点づくりという初期段階を卒業し、自立と成長の第二段階である「CBEC2.0」に突入しています。

このプログラムは3つのアプローチからなる包括的なカリキュラムを用意しています。

  1. 型と経験を身につける「エンジニアリングデザイン」

    デザイン思考という方法論を基にして、エンジニアリングとデザインを融合した「もの・ことつくり」を体験するプロジェクトベースラーニング(PBL)型の科目群。

  2. 視座と知識を身につける「経営管理基礎」
    リーダーシップ、ファイナンス、マーケティング、営業戦略などの、起業家が必要とする知識を習得し、高多様性にチームは欠かせない共通言語を学ぶ科目群。
  3. 情熱と手順を身につける「アントレプレナーシップ論」

    誰もがアントレプレナーになれる、という挑戦的マインドセットを醸成し、実際のビジネスプラン作成に役立つツールやフレームワークを学ぶ科目群。

VISIONビジョン

ミッションステートメント(私たちの使命)

私たちCBECは東工大を起点として、学部・大学院学生、社会人に対して、あらゆる境界を超えてチームとして世の中に新しい価値を生む力を育成し、その価値を実現する機会を持続的に提供します。

「あらゆる境界を超えてチームとして」の心

このプログラムは、イノベーション創出人材の育成を目指しています。世の中に新しい価値を生み出すためには、様々なステークホルダーとの間の自律的な協力関係を保ちながら、専門の違い、文化の違い、性別の違いなどの境界を乗り越えなくてはなりません。プログラム受講者は、多様な価値観を許容し、互いに協力しながらチームとして活動する体験を通じて、アントレプレナー(起業家)の中核能力である「新しい価値を生む力」を育んでいくのです。

「価値を実現する機会を持続的に提供」の心

新たに生み出された価値は、機会をとらえて大きく成長していきます。誰かの「夢」が、「ことば」や「かたち」を得て、そのアイデアが新技術と結びつき、従来のビジネスモデルを刷新し、世界を変えていくのです。このプログラムでは、起業体験イベント、海外派遣、創業支援などの価値実現につながる様々な機会を提供するために、国内外の諸組織との協力関係を結び、これを持続的にするためのイノベーション・エコシステムを構築しています。

プログラムに参加しませんか?

  • 東工大の学生  東工大HPの特別専門学修プログラム履修案内(CBECプログラム)を確認し履修計画を立てたうえで,履修様式第15号「特別専門学修プログラム履修申請書」ならびに「CBECプログラム履修届」を、CBEC事務室(大岡山西9号館W棟3F 301号室:ポストW9-120)に提出してください。
  • 他大学(芸大・美大等)の学生  例年4月中旬から5月中旬の間に各大学で実施される「東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクト参加者募集説明会」にお越しください。
  • 社会人   テクノアントレプレナーコース(1年)、イノベーションデザイナーコース(1年、後期半年)の受講生を募集します。(募集案内を6月~7月頃に公開予定)
  • 企業   「エンジニアリングデザインプロジェクト」授業のパートナー企業を募集します。(募集案内を6月~7月頃に公開予定)

開催報告

JOINT RESEARCH共同研究